横浜不動教会便り(第五十三号)平成30年12月5日発行
横浜不動教会だより第53号  
 電話 045(242)0054   
          (休みの日も9回の着信音のあと受付係に転送されます)   
           ファクス 045(243)2320   
          (休みの日も送信できます)   

 1.  開門日を水曜日、土曜日とさせていただきます

 日頃大変お世話になっております。さて今般諸般の事情により、開門日を変更させていただくことになりました。

 12月12日(水)以降、開門日は水曜日、土曜日ならびに1日、28日の法要日のみとさせていただきます。信者各位にはご不便をおかけすることになりますがなにとぞご了解賜りますようお願い申し上げます。

 したがいまして先般お配りした平成30年11月~平成31年1月の予定表は廃棄していただき、下記12~2月の予定表に変更していただきますようお願い申し上げます。



平成30年12月~平成31年2月予定表
(PDFファイル)



 2.  年末・年始の予定は次の通りです


 ・年末は12月29日(土)が最終日となります。

 ・新年は1月1日(火)、元旦迎春不動護摩法要を午前10時(正午閉門)より厳修いたします。1月2日(水)と3日(木)は臨時開門、以降は上記の通り水、土曜日のみ開門とさせていただきます。
 
 





 3. 品川寺大祭は大盛況


 恒例の品川寺火渡り大祭が9月30日(日)に行われました。心配された台風も不動明王の御加護により到着時刻を遅らせていただき、無事勤行を済ませることができました。

 今年で28回目を迎えた品川宿宿場祭りでは、例年通り品川寺一門による山伏錬行がパレードを先導し、旧東海道を行進いたしました。鳴り響く法螺貝の音色に外人も含め街道筋は大賑わいとなりました。

 品川寺の火渡り大祭も黒山の人だかりとなり、その中で柴燈大護摩のメインである仲田主管の湯加持祈祷が厳修されました。

 来賓に続き,横浜不動教会の信者が火渡りの修行を行い、今年一年の厄除けを祈願いたしました。このあと教会信者の方々は客殿においてご接待にあずかり、仲田主管ともども和気あいあいのひとときを過ごしました。              

 

にこやかに記念撮影




 4. 今年一年の御礼を申し上げましょう

 師走ともなりお忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。朝晩の冷え込みもきびしくなっており、風邪などひかぬようお気をつけください。

 12月28日(金)には、今年一年不動明王からいただいた御加護御礼の納め不動御礼護摩法要を厳修いたします。

 お申し込みは教会窓口での受付のほか郵便、ファクス、電話いずれでも結構です。お支払いにつきましても現金書留または後日お越しになったときで結構です。

 護摩札は1体、2000円ですが、郵送希望の場合は、1体あたり2300円となります。お申し込みは下記用紙をご利用ください。

納め不動護摩法要
元旦迎春護摩法要
護摩札お申込み書

(PDFファイル)

 5. 新年の護摩札もお早めにお申し込みください

 上記の通り、元旦迎春不動護摩法要が厳修されます。護摩札のお申し込みは、上記御礼護摩札と同じです。お申し込みは上記の用紙をご利用ください。  
 
 
TOPへ戻る  
真言宗 醍醐派
横浜不動教会