横浜不動教会便り(第四十九号)平成30年4月1日発行
横浜不動教会だより第49号  
 電話 045(242)0054   
          (休みの日も9回の着信音のあと受付係に転送されます)   
           ファクス 045(243)2320   
          (休みの日も送信できます)   

 1.  就任後、8年目となりました


去る3月28日、横浜不動教会第三代住職に仲田順浩主管が就任されてから丸7年経ちました。

  8年目スタートにあたり仲田住職から「住職に就任して以来、常に信者の皆さまが安らいでいただけるお寺でありたいと願って来ました。

これからも気軽に立ち寄っていただけるお寺であり続けるよう努めてまいります。

  当教会は大正9年に真言宗醍醐派の寺院として開山、今年で98年目にあたります。平成32年の100周年記念に向かって力強く邁進いたし

ましょう」とのお言葉がありました。
2.  61回目の総本山団参            

  例年通り3月16日~17日の2日間恒例の総本山団体参拝が行われました。

仲田住職のもと京都駅からタクシーに乗り、小雨降る総本山醍醐寺に到着いたしました。

  午後1時より仲田順和三宝院座主御親修による柴灯護摩法要が厳修されました。法要後、仲田主管は例年どおり上醍醐に参拝、信者の皆さ

ま方は本山のご好意により霊宝館において国宝薬師三尊像、重文木造五大明王像を拝観させていただきました。

  また白書院での夕食では僧侶方の丁重なご接待をいただきました。

  翌日は快晴となり、午前5時起床、6時より弥勒堂で執り行われた仲田順和座主御導師による先祖・物故者供養のお祈りをさせていただきま

した。

  午前9時過ぎ多くの僧侶のお見送りのもと総本山を出発、京都駅より帰途につきました。
 
 

(記念撮影―修証殿前の梅が満開でした)
 
 
3. 5月は厄月です

  5月1日(火)午前10時より厄除けの不動護摩法要が厳修されます。ご一族の皆さまをはじめ、おひとり、おひとりの災厄消除を祈願いたしま

しょう。

  申込書を同封いたしましたのでお早目にお願いいたします。お申し込みは受付係でも、郵送、電話、ファックスなどでも結構です。護摩札は1体

あたり2000円となります。護摩札ご郵送ご希望の場合は1体あたり2300円となります。

5月1日厄除け護摩札申込書
下記申込書イメージをクリックしてください

(PDFファイルが開きますのでプリントしてご利用ください)
 

4. 4~6月の予定表をお送りいたします
4~6月の予定表をお送りいたします。ご活用ください。
                                                               
 横浜不動教会平成30年4月~6月予定表
 
TOPへ戻る  
真言宗 醍醐派
横浜不動教会